大阪司法書士協同組合

HOME > 司法書士協同組合とは

司法書士協同組合とは

大阪司法書士協同組合は、組合員の相互扶助のため、昭和52年に設立された中小企業等協同組合法に基づく事業協同組合です。現在大阪司法書士会会員の大半が加入しています。スケールメリットを生かした各種事業を行い、その収益を還元して、組合員の福利厚生および経済的地位の向上に努力致しております。

 

協同組合には、現在7つの部会があり、組合の事業はこれらの部会の活動によって支えられています。構成員は、地域ごとに選ばれた組合員です。組合員になるには出資金2口(10,000円)以上で加入でき、組合費等の負担は現在のところ一切ありません。協同組合の事業はますます多岐にわたってきており、多くの人材を必要としています。ぜひ、ご参加ください。

 

 

大阪司法書士協同組合組織図

 

役員名簿